女の人

nlpのトレーナーになるために必要なスキル

目指すは医療の専門職

カウンセリング

需要の高まる職業

世の中に数多くある職業の中にはなかなか人目に触れることがなく知られていないものも少なくありません。言語聴覚士もそんな資格のひとつで、話す、聞く、食べるといった点に特化したリハビリの専門職です。対象となるのは、生まれつきの障害や、事故や病気の後遺症に悩む人がほとんどですが、社会の高齢化に伴いその需要も高くなっている資格です。直接患者さんと向き合って、リハビリを乗り越えたのちに日常生活を取り戻していく姿を見る時には大きなやりがいを感じることが出来る魅力的な資格です。言語聴覚士になるには所定の3年間の専門学校か4年生大学を卒業する必要があります。また一般の大学を卒業している人なら2年間の専門学校を出る事でも資格取得ができるのも人気の理由です。

どのように学ぶか

現在日本では、言語聴覚士になるための学校は専門学校と4年生大学と合わせて数多く存在しています。どこに入っても、最終目的は言語聴覚士の国家試験合格であり、その先の就職でもあり、それに必要なカリキュラムが組まれています。それでもお、学校によってもカラーがありますし、力を入れているポイントもそれぞれになってくるので、選ぶ際には単に難易度や地域だけにとらわれずに、より自分に合った環境を選ぶことも大切です。実践を主とした実習に力を入れる所もあれば、国家試験対策や就職支援が充実している所もあります。また、ほかの医療関係の資格の学部が一緒になっている学校であれば、学生同士でまた違った刺激を与えあうことも出来るでしょう。